• 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09
∵ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | 
∵ 銭湯ブログはじめました
ぼかあフロ屋が大好きです。
僕が住まう、36歳の自分と同い年のアパートの風呂は、狭いわ汚いわカビくせーわさみーわ霊的にもすんげーさみーわで大っ嫌いですが、銭湯はとっても好きです。もはや愛しています。

でも、近年大増殖しているスーパー銭湯はあまり好きではありません。というもの、単純に高いし、お湯は全然ぬるいし、いつでもやたらと人が多いし、ガキが湯船内でションベンしてそうだし、だだっ広くて落ち着かないし、半裸でまったりできるはずの脱衣所は無機質でしかも禁煙だし、ガラ入りの人は入場厳禁ですしね。言いながら僕は生まれたまんまの無地ですが。

幸いなことに、僕の地元京都には昔ながらのイイ銭湯がたくさんあります。喜んであちこち入りたおしているんですが、未だ完璧100%満足できる銭湯に出会ったことはありません。
何かが良くても、例えばビールが売っていなかったり(ビールが好き)、サウナがいっつもぬるかったり(あっちーのが好き)、閉店の時間が早かったり(夜型)、電気風呂の隣の湯船までピリピリしていたり(エレキ苦手)、番台のおばはんの愛想の悪さがものすごかったり(おっさんはよかったりもして)するわけです。

ということで、究極の銭湯を求め続ける僕の銭湯ライフ&レポートをこれから綴っていこうと思っております。そんなもん誰も興味ないですか間違いなくないですね。銭湯ジプシーと化したおっさんの自己満フルスロットルな独り言の始まりですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | COM(0) | TB(0) | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。